埋れ毛を徹底研究!その対処法と効果的な予防法は

umore.jpg

埋もれ毛とは、カミソリや毛抜きなどで自己処理を行っているうちにでき出しまうムダ毛の事で、一度できると、なかなか取り除く事の出来ない厄介なものになっています。
埋もれ毛の場合、成長は皮膚の中で行います。その為、時間が経つにつれ、目立つようになる事も少なくありません。

見た目的にも決して良いものではなく、肌に黒ゴマが埋まっているかのように見えるのです。時には、埋もれてしまった毛がきっかけで、炎症を起こし、肌が赤くなってしまう事もあります。特に深剃りや逆剃りは危険で、毛抜きを使った場合でも、一気に引き抜く事でできやすいと言われています。

その為、埋もれ毛を作らない為には、深剃りや逆剃りといった事に気を付け、毛抜きを使った場合でも優しく行う事をお勧めします。しかし、いくら気を付けても起きてしまう埋もれ毛。その為、一番は専門家にムダ毛処理をお願いすることだと言えるかと思います。

■埋もれ毛を処理する難しさ

一度できてしまった埋もれ毛は、対処する事は難しいと言われています。

無理に自分で毛抜きや針などを用いて掘り出してしまうと、炎症を起こしてしまう危険性も高くなってきます。その為、皮膚科で取り除いてもらう事が一番良いかと思います。その他、脱毛サロンなどにおいて、脱毛を行ってもらう事で、綺麗に取り除く事が可能になっています。とくに、うなじの脱毛など自分で処理するのが難しいところに埋没毛などができると、もうお手上げ状態だと思います。

このような方法で、埋もれ毛を処理する事が一番かと思いますが、自宅でどうしても埋もれ毛の処理を行いたい場合は、スクラブ入り石けんなどで優しく洗う事をお勧めします。すぐに効果を期待する事は出来ないものの、続ける事で、埋もれ毛を皮膚の外に出す事が可能です。

とは言っても、また、カミソリなどで自己処理を行えば、すぐに埋もれ毛は出来てきてしまいます。その為、やはり、脱毛サロンなどでの処理が一番になっていると言う事が言えると思います。

■予防方法は

埋もれ毛を予防する方法としては、保湿を十分に行う事が大切です。自己処理前、自己処理後には十分に保湿を行い、潤った肌を維持する事で、埋もれ毛を作りにくい肌にする事は可能です。

毛抜きでのムダ毛処理は最終手段とし、出来るだけ毛抜きは使わず、除毛クリームなどを利用すると埋もれ毛を作りにくくする事が可能です。もちろん、その際も保湿を行う事は重要です。自己処理には、必ず保湿がセットになっていると考え、十分な保湿を維持する事で、埋もれ毛を防ぐことが可能になってくるのです。

とは言っても、やはり、自己処理で完全に埋もれ毛を防ぐことは難しく、脱毛サロンなどと言った専門店でのムダ毛処理が一番だと言う事が言えると思います。そうする事で、完全に埋もれ毛を予防する事ができ、きれいな肌を維持する事が可能になってくるかと思います。

脱毛サロンに通うことになった際に、サロンでは必ずカウンセリングを行います。一人一人違う肌状態を確認して、適切な施術を行うために必要な行為です。

まずカウンセリングでは、普段のスキンケアで気になっていることや、ムダ毛の自己処理方法、ムダ毛が気になる部位などを回答していきます。

妊娠をしていないか、アレルギーはないかなどを確認していきながら同時に、どういった施術をするのかなどの疑問と料金面で不安に思うことなどを解消していくことがカウンセリングの役割になります。

それから、基本的な毛の仕組みの説明を受けます。どうして施術が数ヶ月に一度になるのかという毛周期の解説や、使用する脱毛器具がどういった作用でムダ毛を減らしていくのかなど、お客さんに納得をしてもらった上で、施術に同意してもらうことが目的です。

カウンセリングには大抵は一時間ほどかかかります。カウンセリングと同日に施術を行うこともできますが、カウンセリングのみを無料で受けることも可能です。

昨今では破格のキャンペーンを実施している脱毛サロンが増えました。まずは安い料金で脱毛サロンに通う気持ちを前向きにしてもらい、足を運んでもらうことが目的です。

実際両わきなどは需要が高い上に施術範囲が狭く、また、効果を実感しやすい部位ということで、格安のキャンペーンで施術を提供しているサロンも多いのです。

一昔前は強引な勧誘が問題になり、サロンからお客さんが足が遠のく原因にもなっていました。

ですが昨今では、ネット上で気軽に誰もがサロンの口コミや評判を書き込めるようになったので、無理な勧誘は避けて、まずは格安でサロンに来てもらって脱毛効果を実感した上で、お客さんに自主的に他の部位の契約をしてもらうという方法を取っています。

ですので勧誘の有無というのは、カウンセリングの際の脱毛コース説明のしつこさであるといえます。

サロンではほぼ必ず、予約した部位以外の脱毛をお勧めされます。もっと綺麗になりますよということを料金と共に説明されますので、これを勧誘と取るか説明と取るかは、対応したスタッフによっても感じ方の差があるといえます。

ある程度覚悟をしていかないと、念入りに説明を受ければそれを勧誘と感じます。

無駄毛の処理って本当に面倒です。全く無駄毛をなくすにはレーザー脱毛などしかないと思いますが値段が高いです。しつこい頑固な無駄毛をどう抑制していけばいいのでしょう?また、無駄毛が増えるのは何ででしょうか?

無駄毛が増えるのは要注意のサインなのです。理由の一つで男性ホルモンが増えているということが考えられます。それは男性に近づいているという意味でもあります。

無駄下が増えるというのは男性ホルモンが深くかかわっています。

男性ホルモンとは男性だけにあるホルモンではないのです。女性にも平均で男性の10パーセントほど男性ホルモンがあるといわれています。無駄毛は女性ホルモンが減り男性ホルモンが増えることからはじまっています。

睡眠不足や栄養不足からホルモンバランスはすぐ乱れてしまいますので睡眠をしっかりとり栄養をきちんと摂るように心がけましょう。

また仕事でのストレス人間関係のストレスもホルモンバランスの乱れにかかわってきます。ストレス発散も適度に行いながらストレスを上手に付き合っていきましょう。女性は、すぐにホルモンバランスが崩れてしまいます。

そうすると色々な症状が出てきます。生理痛の悪化、吹き出物が出来る、感情の起伏が激しくなる、などの症状が出たら要注意です。

またここ数年で日本人女性のホルモンバランスが非常に崩れている人が多くなっています。生理痛や月経前症候群などが8割の女性に見られているのホルモンバランスの乱れによるものです。

ではいったいどのような食事をとればそれが改善されるのでしょう。

1日三食をきちんと摂るように心がけましょう。また腹8分で押さえ栄養バランスにも気をつけましょう。大豆製品は女性ホルモンを整えるイソフラボンという成分があります。

そちらもきちんと摂るよう心がけましょう。ビタミン摂取も効果的にしましょう。

ビタミンB6、ビタミンEには、女性ホルモンの分泌を促しホルモンバランスを整える働きがありますので月経痛にも有効です。ビタミンEは血液循環をよくします。

ビタミンE6はカツオやさんま、まぐろをとるといいです。ビタミンEはアーモンドやへーゼルナッツをとるようにしましょう。

女性用ムダ毛シェーバーのメリットのひとつは、肌にカミソリが直接当たらない仕組みになっているため、カミソリ負けや肌荒れの心配がないことです。

いくらきれいに脱毛しても、肌がボロボロになってしまっては本末転倒です。女性のデリケートな肌を考えたつくりになっていますので、女性に限らず肌の弱い人にはオススメできます。

また、肌が薄目になっているデリケートゾーンのお手入れにも適しているといえるでしょう。

また、脱毛サロンに通うことを考えればコストが安いというのもメリットです。大手脱毛サロンの場合、WEB予約でも両ワキコースが2000円台、デリケートゾーンであるVラインコースが3000円台です。

ムダ毛の手入れがいらなくなるまでには10回前後通う必要があると説明されていますから、それまでに4万円ほどかかってしまう可能性もあります。

その点、女性用ムダ毛シェーバーなら1万円かからない機種もあります。ずっと使用し続ける必要があるというデメリットはあるものの、4台を壊れるまで使うにはかなりの期間が必要です。

コスト面での差は大きいのではないでしょうか。

●オススメはパナソニックのソイエ

女性用シェーバーにはいろいろな製品がありますが、中でもオススメできるのがパナソニックの「ソイエ」シリーズです。

肌を押さえてムダ毛を抜くことで肌への負担を小さくする「やわ肌ガード」機能を備えており、肌荒れしやすいあなたにはオススメだといえるでしょう。

また、最廉価以外の機種では足や腕に使うヘッドと、ワキやビキニラインなど肌の薄い場所に使うヘッドが用意されています。こうすることで肌に大きな負担を与えることなく、1台だけで全身のムダ毛を処理することができるのです。

上位機種には肌への負担をさらに抑える泡脱毛機能も備えられていますし、ムダ毛だけでなく足の裏などの角質処理にも使えます。

価格比較サイトによると、最安値は下位機種で5000円台、中位機種が6000円台と9000円台の2種類、上位機種が1万5000円前後です。

上位機種はちょっとだけ高めですが、上に書いたように脱毛サロンと比較するとリーズナブルではないでしょうか。

ソイエでは値段が気になるという方には、同社の「サラシェ」シリーズはどうでしょうか。こちらは2000円を切る価格で販売されていることもありますので、少しでも家計を抑えたいというあなたにはピッタリかもしれませんね。

ムダ毛の自己処理はトラブルの種

ムダ毛の自己処理はカミソリで剃るか、剃るよりも次の処理を遅らせることができる毛抜きで抜くという方法があります。

抜く場合は広範囲の処理が大変ですが、両ワキや手や足の指、それからVライン程度でしたら、剃るよりも処理後の肌が綺麗に見えるため、抜く方法を取っている人も多く見られます。

毛を抜くということは、毛根を取り除けるので、毛穴が目立たないのです。しかし、毛を剃ることも、毛抜きで抜くことも、肌にはとても大きな負担がかかっています。

カミソリを用いて処理をするということは、毛の周囲の皮膚も一緒に鋭い刃物で表面を撫でて、皮膚表面や角質をそぎ落とすことになります。

また、毛を抜くという行為は、抜いた後にぽっかりと空いてしまった毛穴にばい菌が入り、炎症を起こしやすくなってしまうのです。

毛抜きだけではなく、脱毛テープや脱毛ワックスによる処理も同様です。自己処理は毛や毛根だけではなく、周囲の皮膚まで傷つけてしまう危険性が高いので、避けたほうが無難です。

カミソリを用いることで肌の表面が削られてしまいます。そして炎症を起こして、いわゆるカミソリ負けを起こし、皮膚が赤くなってしまったり、かゆみを覚えます。

カミソリの処理はすぐに毛が伸びてきてしまいますので、頻繁に処理を行うことでトラブルを起こしやすくなります。

毛抜きで毛を抜いてしまうと、毛穴から雑菌が入り赤く腫れてしまったり、酷くなると膿んでしまう毛嚢炎の原因になることがあります。

また、ワックスで複数の毛を一気に抜いてしまうと、肌は内出血を起こしてしまいます。毛を引き抜くときに同時に毛穴周りの毛細血管まで切れてしまいますので、皮下出血を起こしてしまうのです。

肌に赤紫色の斑点が現れて、毛は処理できても大きなダメージが肌に残ってしまいます。

自己処理をして肌にダメージを与え続けることで乾燥肌気味になりますし、埋もれ毛(埋没毛)になってしまいやすくなります。

また、肌を守ろうと防衛機能が働いてメラニン色素が活性化し、色素沈着の原因にもなります。

光脱毛の強味と弱味

光脱毛は、光が黒色に反応して熱を集中させる性質を活用してムダ毛処理を行う仕組みです。ムダ毛は黒い色素を持っているからこそ、光脱毛によって毛根から処理することが可能です。

しかし、光脱毛における特筆すべきこの性質は、産毛に対してはデメリットとなり得る点でもあります。

産毛は他のムダ毛に比べてとても細く、色も薄いです。その為、脱毛器から発せられる光が集中する量も減ってしまいます。一本のムダ毛に対して集中する光が減れば、当然毛根に伝わる熱量も下がってしまうことになります。

結果として、光脱毛では産毛をきれいに処理することが難しいと言わざるを得ないのです。

そもそも、光脱毛では毛根にダメージを与えるのに充分な熱量をムダ毛に集中させないと脱毛効果が薄れてしまいます。多少のダメージを与えるだけでは、毛根でのムダ毛再生能力が衰えることはありません。

一般的なムダ毛ならある程度太さも黒色色素もあるので毛根に損傷を与えるのに充分な熱量を集中させることが可能ですが、細くて色の薄い産毛では、光脱毛では充分な処理は困難です。

エステサロンの光脱毛では、産毛を充分に処理することは難しいです。しかし脱毛器の出力を上げ、一度に発せられる光の量を増やすことができれば、細くて色の薄い産毛でも処理をすることは不可能ではなくなります。

たとえば、医療機関のレーザー脱毛などを利用すれば産毛の処理は可能なのです。

レーザー脱毛では、光脱毛に比べて強いエネルギーが用いられています。脱毛器から発せられるレーザーの威力が強ければ、充分に光を集めることが難しい産毛でも相応の熱を集められるようになります。

分母が大きければ、分子も大きくなるというわけです。その為光脱毛ではきちんと毛根に損傷を与えられないような産毛でも、レーザー脱毛なら相応の脱毛効果を得ることが出来るのです。

と言っても、やはり普通のムダ毛に比べると、やはり産毛は処理しづらいのが事実です。太くて黒いムダ毛に比べると、きれいに処理し終えるまでにはたくさんの施術が必要になるでしょう。

それでも、光脱毛よりもレーザー脱毛の方が幾分効果は得やすく、処理し終えるまでの施術回数も少なくて済みます。

毛周期(サイクル)とは?部位によっても周期がちがう

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

人間の体毛は表皮上に出ているのは全体の3分の1と言われているので、脱毛してもすぐに皮膚の下でスタンバイされていた新毛が生えてきますが、体毛には「毛周期」と呼ばれている毛が生え替わるサイクルがあるので、脱毛をする場合はこの、毛周期のサイクルを理解した上で脱毛することが大切になってきます。

サイクルには4段階あり、そのサイクルを繰り返しながら体毛の新旧交代をしています。
具体的なサイクルは
・成長期A-毛母細胞の分裂が始まり皮膚の中でも毛の成長が始まる時期
・成長期B-毛母細胞が活発に分裂し始め、毛がより成長して皮膚表面に出てくる時期
・退行期-毛の成長が止まって抜け落ちる時期
・休止期A-毛が抜け落ちて次に成長が始まるまでの時期
・休止期B-休止期Aの状態と同じ

このサイクルを繰り返しながら人間の体毛は生え替わっていきますが、脱毛をする時期は成長期に行うのが最も効果的なので、それを理解した上で脱毛することが必要です。

毛周期は体に生えている部位によって少しずつ異なります。

・髪の毛-成長期には一日に0.3~0.4ミリ伸びる。成長期が長く続くので、生え替わりがあまり目立ちませんが、約4ヶ月で生えてきます。

・眉毛・まつげ-一日で約0.18ミリとかなり速度は遅いですが、生え替わりのスピードは2ヶ月と早い。
・ワキ毛-一日に0.3ミリ伸びるので、成長スピードは髪の毛に次いで早いが生え替わるサイクルは約4ヶ月と遅い。
・手・脚-皮膚の表面に出てきてから、自然に抜け落ちるまでの期間が長く成長期の期間は約3ヶ月から半年。
ビキニライン-一日に伸びる長さは0.2ミリで、生え替わる日数は約4ヶ月で髪の毛やワキと同じ。
・アゴ(ヒゲ)-成長が早く再生スピードは約2ヶ月

このように毛が生えている部位によって毛周期も違いますし、毛の長さや固さも変わってきますので、脱毛をする際には以上の事を理解した上で処理をすることが、脱毛のポイントになります。

まずはエステ脱毛の基本から

jyo.jpg

女性の「脱毛」について人気を集めているのが「エステティック」になります。こちらでは、フラッシュ式という画期なマシンを使った処理を行っています。

例えば東京都で人気の店舗を例に挙げてみますと、「無制限」というプランがあります。無制限というのは、初回のカウンセリングで支払った料金だけで永遠とサロンへ通えるという条件です。

これなら、はじめから何回で何万円という設定がされておりませんので、お金をムダにすることもありません。しかし、急なお引越しというときは無効になるのか否か気になります。

「美容脱毛」を無制限という条件を付けてコースを提供しているサロンの場合は、お引越しや出張などのときも別なエリアの店舗を利用することが可能です。

たとえば、カウンセリングのときに東京都で契約しているケースで考えてみますと、名古屋や大阪などの店舗でも継続して施術が受けられるということです。

こちら、「脱毛専門店」だけのうれしいメリットかと思います。「エステサロン」の形というのも多様化しています。たとえば現代でメジャーになっている「脱毛専門サロン」です。

こちらについては、文字の通りに「美容脱毛」だけを専門に扱っている店舗のことを指しており、トータルビューティの「エステサロン」よりもリーズナブルなご提供をしています。

テレビのコマーシャルで放映されている全国チェーンのサロンであったら、エリアを移動しながら気軽に通えるのが最大のメリットです。

たとえば茨城県で契約をしていても、旅先からエリアの店舗で脱毛が受けられるということです。また全国チェーンの場合は、マシンに冷却の機能が装備されているなど最新の技術が受けられるのが魅力です。

東京都で人気の高いサロンなら、スリムや美白のような効果をもたらすトリートメントなど付加するサービスが充実しています。

上記でご紹介するように全国チェーンは、店舗が多く安心感があるうえに新しいプランやキャンペーンなども豊富な展開です。