ムダ毛の自己処理はトラブルの種

ムダ毛の自己処理はカミソリで剃るか、剃るよりも次の処理を遅らせることができる毛抜きで抜くという方法があります。

抜く場合は広範囲の処理が大変ですが、両ワキや手や足の指、それからVライン程度でしたら、剃るよりも処理後の肌が綺麗に見えるため、抜く方法を取っている人も多く見られます。

毛を抜くということは、毛根を取り除けるので、毛穴が目立たないのです。しかし、毛を剃ることも、毛抜きで抜くことも、肌にはとても大きな負担がかかっています。

カミソリを用いて処理をするということは、毛の周囲の皮膚も一緒に鋭い刃物で表面を撫でて、皮膚表面や角質をそぎ落とすことになります。

また、毛を抜くという行為は、抜いた後にぽっかりと空いてしまった毛穴にばい菌が入り、炎症を起こしやすくなってしまうのです。

毛抜きだけではなく、脱毛テープや脱毛ワックスによる処理も同様です。自己処理は毛や毛根だけではなく、周囲の皮膚まで傷つけてしまう危険性が高いので、避けたほうが無難です。

カミソリを用いることで肌の表面が削られてしまいます。そして炎症を起こして、いわゆるカミソリ負けを起こし、皮膚が赤くなってしまったり、かゆみを覚えます。

カミソリの処理はすぐに毛が伸びてきてしまいますので、頻繁に処理を行うことでトラブルを起こしやすくなります。

毛抜きで毛を抜いてしまうと、毛穴から雑菌が入り赤く腫れてしまったり、酷くなると膿んでしまう毛嚢炎の原因になることがあります。

また、ワックスで複数の毛を一気に抜いてしまうと、肌は内出血を起こしてしまいます。毛を引き抜くときに同時に毛穴周りの毛細血管まで切れてしまいますので、皮下出血を起こしてしまうのです。

肌に赤紫色の斑点が現れて、毛は処理できても大きなダメージが肌に残ってしまいます。

自己処理をして肌にダメージを与え続けることで乾燥肌気味になりますし、埋もれ毛(埋没毛)になってしまいやすくなります。

また、肌を守ろうと防衛機能が働いてメラニン色素が活性化し、色素沈着の原因にもなります。