埋れ毛を徹底研究!その対処法と効果的な予防法は

umore.jpg

埋もれ毛とは、カミソリや毛抜きなどで自己処理を行っているうちにでき出しまうムダ毛の事で、一度できると、なかなか取り除く事の出来ない厄介なものになっています。
埋もれ毛の場合、成長は皮膚の中で行います。その為、時間が経つにつれ、目立つようになる事も少なくありません。

見た目的にも決して良いものではなく、肌に黒ゴマが埋まっているかのように見えるのです。時には、埋もれてしまった毛がきっかけで、炎症を起こし、肌が赤くなってしまう事もあります。特に深剃りや逆剃りは危険で、毛抜きを使った場合でも、一気に引き抜く事でできやすいと言われています。

その為、埋もれ毛を作らない為には、深剃りや逆剃りといった事に気を付け、毛抜きを使った場合でも優しく行う事をお勧めします。しかし、いくら気を付けても起きてしまう埋もれ毛。その為、一番は専門家にムダ毛処理をお願いすることだと言えるかと思います。

■埋もれ毛を処理する難しさ

一度できてしまった埋もれ毛は、対処する事は難しいと言われています。

無理に自分で毛抜きや針などを用いて掘り出してしまうと、炎症を起こしてしまう危険性も高くなってきます。その為、皮膚科で取り除いてもらう事が一番良いかと思います。その他、脱毛サロンなどにおいて、脱毛を行ってもらう事で、綺麗に取り除く事が可能になっています。とくに、うなじの脱毛など自分で処理するのが難しいところに埋没毛などができると、もうお手上げ状態だと思います。

このような方法で、埋もれ毛を処理する事が一番かと思いますが、自宅でどうしても埋もれ毛の処理を行いたい場合は、スクラブ入り石けんなどで優しく洗う事をお勧めします。すぐに効果を期待する事は出来ないものの、続ける事で、埋もれ毛を皮膚の外に出す事が可能です。

とは言っても、また、カミソリなどで自己処理を行えば、すぐに埋もれ毛は出来てきてしまいます。その為、やはり、脱毛サロンなどでの処理が一番になっていると言う事が言えると思います。

■予防方法は

埋もれ毛を予防する方法としては、保湿を十分に行う事が大切です。自己処理前、自己処理後には十分に保湿を行い、潤った肌を維持する事で、埋もれ毛を作りにくい肌にする事は可能です。

毛抜きでのムダ毛処理は最終手段とし、出来るだけ毛抜きは使わず、除毛クリームなどを利用すると埋もれ毛を作りにくくする事が可能です。もちろん、その際も保湿を行う事は重要です。自己処理には、必ず保湿がセットになっていると考え、十分な保湿を維持する事で、埋もれ毛を防ぐことが可能になってくるのです。

とは言っても、やはり、自己処理で完全に埋もれ毛を防ぐことは難しく、脱毛サロンなどと言った専門店でのムダ毛処理が一番だと言う事が言えると思います。そうする事で、完全に埋もれ毛を予防する事ができ、きれいな肌を維持する事が可能になってくるかと思います。